筋膜リリースでシェイプアップ!簡単ながらボディメイク!

スポンサーリンク




筋膜リリースでシェイプアップ!簡単ながらボディメイク!

みなさんは「筋膜リリース」というものをご存じでしょうか。
私はTwitterのダイエットアカウントである日「筋膜リリースは安眠にも効果的!」という呟きを拝見して「筋膜リリース」という言葉を知り、どんなものなのか気になっていました!そこで「筋膜リリース」について調べた内容を、実際に「筋膜リリース」を行ってみた感想とともにご紹介したいと思います♪

筋膜とは?

筋膜とは筋肉を包む膜のことで、悪い姿勢や足を組んだり、同じ作業を繰り返すなどの偏った動作を長時間続けていると、不必要な負担がカラダの一部分に集中して筋肉が固まり、それに伴って筋膜も自由度を失います。
その結果、筋肉の可動域が狭くなって筋膜の動きや働きに影響をおよぼして十分な筋力を発揮できなくなったり、柔軟性も悪くなります。

筋膜リリースによって筋肉が柔軟性を取り戻すと、血流の循環も改善され、運動によって体内で生成された疲労物質の排出も促進されやすくなるということです。

筋膜リリースにはフォームローラーがおすすめ

私はストレッチポールで筋膜リリースを行いましたが、お尻や太腿などには大きすぎて使いづらいため、「フォームローラー」を使ってリリースするのがおすすめです。

フォームローラーには大きく分けて、下記の3つのカタチのローラーがあります。

・円柱タイプ
・スティックタイプ
・ボールタイプ

最もオーソドックスなのが、「円柱タイプ」の筋膜リリースローラーとなります。円柱タイプよりも細く、取っ手の付いた「スティックタイプ」は、微調整がしやすい点が魅力です。

「ボールタイプ」は、足裏などピンポイントに狙うのに適しています。現在では、これら3種類がセットになった商品も販売されています。

また、フォームローラーには表面に凹凸がある種類のものもありますが、最初は刺激が強いようですので、初心者の方は柔らかい素材と凹凸の数が少ないローラーを選ぶことをおすすめします。慣れて物足りなくなってきたら、硬めの素材や凹凸の数が多めのタイプを選ぶことが良いようです。

筋膜リリースのやり方

1.腰・お尻・お腹・背中・肩甲骨・ふくらはぎ・太もも・首など、ほぐしたい部位をフォームローラーの上に置き、自重の負荷を掛ける
2.身体の凝りが気になる部分にフォームローラーを当たるように調整し、ゆっくりとしたペースで揺らしながら、筋肉を刺激していく

筋膜リリースをやり過ぎるとどうなるのか?

長時間の使用は、皮膚や筋肉を傷める恐れもあります。商品の素材や身体の部位によっても前後しますが、無理がなく気持ちいいと感じる範囲で使用するようにしましょう。また、身体の痛みや筋肉の違和感がある場合は無理をせず、専門の医師にご相談ください。

筋膜リリースを実際に試してみた!

私はフォームローラーは持っていなかったのですが、「ストレッチポール」を持っていたので試しに背中でポールに乗って、ゴロゴロと筋膜リリースを行ってみました!
普段の生活で張りを感じる箇所を伸ばすようにコロコロとしてみると、すっごく気持ちいい!「白目をむくほど気持ちいい」と呟きで読んだのは本当でした。また、すぐに背中がポカポカしてきて、リリースが終わった後にゲームしてから寝ようと思っていたのですが、もうすぐに眠くなってしまいました!

フォームローラーでの筋膜リリースを取り入れてるベテランさんの中には、ドラマをみている間ずっと筋膜リリースを行い、かなりのヒップアップになった!という方もいましたので、「ながら」でできるボティメイクとして最適なようです!

今回は「筋膜リリース」についてご紹介させていただきました。
一度試しただけでかなり気持ちが良かったので、日々の筋トレとともに取り入れていきたいと思います。
ぜひ一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク